anuブランドリスタートのご挨拶

5月29日にテーラードウェアブランド「anu(アヌ)」をリスタートいたしました。

 

プレリリースとしてanuを世に送り出した2019年11月。3ヶ月後の2020年2月にメインリリースを迎えましたが、同時に世界的流行が始まったのが新型コロナウィルスでした。

2月からまずは海外のビジネスエグゼクティブのお客様からご予約のキャンセルが入り、3月には日本国内のお客様からキャンセルが相次ぐようになりました。

ご存知のとおり、4月には日本もロックダウンに入り、生まれたてのanuには荒波を耐え抜く力もなく無念にもサービス休止を余儀なくされてしまいます。

 

人に会うことができないコロナ禍。リモート中心のビジネスシーンで人々はスーツを脱ぎ捨て、Tシャツやデニムといったカジュアルなスタイルで画面越しに商談やミーティングを重ねるようになりました。

人に会えるようになった今でも、緩やかになった装いの傾向にほとんど変わりはありません。もともとスーツを着る人の数は年々減っていましたから、世の中の価値観やライフスタイルが大きく変わった今、コロナ以前のような世界に戻ることはもうないのでしょう。

 

しかし、見方を変えればカジュアル化によってより自由に装いを楽しめるようになったということです。逆にこれは私たちにとってチャンスだと考えています。スーツとともに歴史を歩んできたテーラリング技術ですが、テーラリングはスーツを仕立てるだけの技術ではありません。ジャケットやパンツ、シャツ、コートまで、テーラリングはカジュアルな装いにもその魅力を活かすことができます。

 

お客様ひとり一人の体型に合わせることはもちろん、心や生き方・ライフスタイルに合わせ、anuの色を添えることで自分らしく装う楽しさ、美しさ、奥深さを伝える存在でありたい。そんな想いから、anuには「自分らしさに色を添える」というブランドコンセプトがあります。

私たちのテーラリング技術、そして私たちが強みとするスタイリングのご提案によって、お客様ひとり一人のスタイルに「色を添えて」いきたい、そんなことを考えながらコロナ禍の先を見据えてきました。

 

5月29日、ようやくリスタートを迎えることができましたが、ここまで戻って来られましたのも単にコロナ禍を支えてくださったお客様、関係者の皆さまの温かなお力添えがあってこそと、この場を借りて心より感謝申し上げます。今後とも温かく見守っていただけますと幸いです。

 

まだまだ小さなブランドですが、1人でも多くのお客様に色を添えるお手伝いを差し上げられますようさらに邁進してまいります。

これからも末永くanuをどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

anu ブランドオーナー
中 里 彩 Aya Nakazato